プロフィール

ジェナジェナ

Author:ジェナジェナ
中高年を守る100%純粋なコラーゲン。
コラーゲンは、若さと健康を維持するのに必須不可欠ものです。
特にジェナコールと呼ばれるカナダから来た、このコラーゲンをご紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ジェナコール(コラーゲン)の部屋
皮膚や腱、骨、軟骨等の接合組織を構成するコラーゲンがあり、体内で生成されます。しかし、老齢化で生成能力は減退、その損失は増大します。中高年を守る100%純粋のコラーゲンジェナコールをご紹介。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膠原病 ③
人体の膠原病は2つの主要なグループに分けられます:

●これらが遺伝的に決定付けられたのか、それとも構造的または生化学的欠陥が原因によるもの。

●これらが免疫学的でかつ炎症性の反応が組織内で起こってもたらせられたもの。

最初のグループは、コラーゲンの形成に影響を及ぼす構造的欠陥により特徴付けられた障害です。後天性膠原病は、第2のグループで、最初のタイプと同様に老化に伴い顕著に表れるものです。
後天性膠原病の例としては、慢性関節リューマチや皮膚筋炎が含まれます。

リューマチは慢性関節リューマチとして頻繁に使用される表現ですが、このグループの最も一般的な病気は、このグループの多くの特徴の全てが表現されています。
スポンサーサイト
膠原病 ②
研究は、人々が関節炎に悩まされている時、関節軟骨で起きたコラーゲンの選択的破壊があることを示しています。白血球は間接軟骨を攻撃し、代わって抗体を作り出す免疫システムを活性化するのです。これらの抗体は一変し、コラーゲンを、今敵と認識したものを攻撃するのです。従って、免疫システムの反応は、身体の中で変質している全ての軟骨を攻撃するのです。
手首や膝、両方の手首の傷、膝の傷、背中、腰周り、そして肩に痛みを感じるような問題があるのかもしれません。
結局、結果は同じものになり、老化の苦痛は生活の質の著しい欠如とともに増加してゆきます。

従来の関節炎治療の費用は、1992年の650億ドルから2002年にほぼ4800億ドルへ急上昇しました。費用の大部分は、仕事で損失した時間と障害補償に充てられました。関節炎はそれぞれ毎年2万人を越える死者と200万を越える入院件数からくる費用の要因になっています。
加えて、コルチコステロイド薬剤や免疫抑制剤などを含めた関節炎薬剤の治療での副作用が更なる膨大な費用を発生しました。疑いもなく、膠原病は社会において厳しい不利益を科しています。
膠原病 ①
長く老化に関係する膠原病は、高齢者の一つの病気よりもずっと多いことを示しています。膠原病は免疫システムの異常に関与している全ての病気のグループの特徴を示します。異常と共に、結合組織と血管の炎症がしばしば起こります。この病気のグループは、全てコラーゲン結合組織の一部で、皮膚、粘膜、そして身体の血管のような、支持筋骨格構造と保護被覆を与えています。

最も最近の統計によれば、6000万人のアメリカ人が多くの種類の関節炎の状況に従い、何らかの関節炎に悩まされています。
この数は、次の20年間で7500万人を超えると予想されています。
全ての関節炎患者は、激痛を伴う共通の症状と運動範囲の動作の喪失に悩まされています。そしてこれらの全ては、若さを滅ぼし、生活の質を下げることになります。心疾患(未だこの国の一番の死亡原因)の問題に加えて、老化の衰えさせる影響が増えています。
関節炎
関節炎は関節の炎症を説明する一般用語です。関節炎の最も一般的な形は、変形性関節症で、それはまた変形性関節疾患と呼ばれています。
変形性関節症は、関節の軟骨の破壊が関係していて、腰周り、膝、そして背骨で共通して起こるものです。それは指関節やつま先の関節に大きな影響を及ぼします。変形性関節炎に悩まされている6000万人のアメリカ人には、変形性関節炎の流行があります。変形性関節炎病院の医長、ジョン・クリッペルは、これは、一つの警鐘であると断固主張しています。我々が知っていることより問題が大きいと推測しています。

残念なことに、一般的な処置方法は変形性関節炎の進行を変化させてしまいます。しかしながら、2つの栄養剤、グルコサミンとコンドロイチンは痛みを緩和し軟骨の破壊を遅らせる傾向が見られ、それ自身に変形性関節炎の重要な部分だったのです。
特に興味を引かれるのが、グルコサミンとコンドロイチン(共に硫酸塩)が通常の軟骨の構成要素であることです。ある研究開発者は、2つの物質が新しいコラーゲン生成を刺激しているように見えることをうまく証明しました。
ただこれは生物学的利用可能なコラーゲン補助剤を直接的に摂取するすることになっているのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。