プロフィール

ジェナジェナ

Author:ジェナジェナ
中高年を守る100%純粋なコラーゲン。
コラーゲンは、若さと健康を維持するのに必須不可欠ものです。
特にジェナコールと呼ばれるカナダから来た、このコラーゲンをご紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ジェナコール(コラーゲン)の部屋
皮膚や腱、骨、軟骨等の接合組織を構成するコラーゲンがあり、体内で生成されます。しかし、老齢化で生成能力は減退、その損失は増大します。中高年を守る100%純粋のコラーゲンジェナコールをご紹介。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康のクオリマート開店
健康のクオリマート
ロジスポートが直営する健康食品・健康サプリメント・健康用品のショップ≪健康のクオリマート≫のサイトがこの6月に正式オープンしました。乾燥粉末状の純粋コラーゲン・ジェナコール、果物の健康成分エキスを凝縮したフルーツカフェ・フラビン7、薬剤を使用しない鼻腔洗浄器ナサリン、呼吸筋強化トレーナのパワーブリーズなどを扱っています。
ホームページアドレスは、
http://quali-mart.sakuraweb.com/です。皆様のアクセスをお待ちしています。
スポンサーサイト
コラーゲン、皺と皮膚線条
皮膚における身体のコラーゲン生成は、25歳辺りで低下し始めます。
しかし、それは40代と50代でさらに速さが加速されます。
多くの研究は私たちの皮膚の自然なコラーゲンの生成が、40歳以降に年率1%の割合で減少してゆくことを証明しています。そこで、人が55歳に達するまでに、コラーゲン生成能力が更に15%失われます。
70歳までに、その損失は30%以上に上ると考えられています。
どのように関節炎の痛みに作用するのでしょうか?
コラーゲンはどのように関節炎の痛みに作用するのでしょうか?
変形性関節炎を効果的に治療するには、軟骨と関節滑液が更なる破壊から保護されなければなりません。同時に、関節軟骨と関節滑液の同化修復を刺激することが望ましい。

コラーゲン蛋白質は、次のことにより関節軟骨を保護し修復します。
●同化軟骨細胞の合成を支援して強化する。
●関節を円滑にするのに必要とされる滑液の合成を支援して強化します。
●軟骨を退化させる自動免疫性処理と遊離基酵素を抑制します。
●関節に至る血管中の閉塞物質を除去します。

コラーゲン蛋白質は、軟骨と健康的な関節機能を再生するために、身体が自然に若返るように促進します。
老化と外傷は、自身の軟骨保護物質を使用することにより身体の能力を崩壊し、そしてそれは世界中に流行性関節炎をまたらしました。
軟骨
軟骨は典型的な関節の骨の終端を保護する幾分固めのゴム材にあたります。軟骨の主要な機能は、関節の摩擦を軽減し、そして骨の衝撃吸収材としての役割を担います。

軟骨は70%以上が水分で構成されているので形状を変えることが出来、そして圧縮と運動で再分配することが出来ます。軟骨は神経が通っていないので、これらの変化が生じた時、あなた方は決して痛みを感じないのです。
我々が年を取って膠原病が襲う時、この衝撃吸収力は減少しているのです。
そう言うことで、走ったり飛び跳ねたりする動きは、我々が若かった時より年を取り快適さを感じなくなるのです。

コラーゲンは軟骨の重要な構成要素で、それはその強さを与えてくれます。
身体のコラーゲン生成が減少した時、軟骨の形成と、そして軟骨を含む身体のシステム全体が影響を受けるのです。
変形性関節炎患者の手の痛み
膠原病の患者の血漿は、自動抗体(これらは体内の蛋白質または細胞を攻撃する抗体をいいます)の著しいレベルが示されます。この抗原抗体反応は、多くの身体の生き生きとした組織を炎症に至らしめます。
最も一般的な膠原病は、慢性関節リューマチ、リューマチ熱、紅斑性狼瘡、皮膚筋炎、結節性多発性動脈炎、強皮症などを含みます。

大部分の膠原病、慢性関節リューマチとリューマチ熱は、広範囲の関節痛で特徴付けられます。リューマチ熱は、結果として恒久的な心臓へのダメージを与え、大人より子供により顕著な状態が見られます。
紅斑性狼瘡は、皮膚と体腔に沿って並ぶ膜などです。
皮膚筋炎は、一般的に筋肉痛に伴う発疹のように見えます。
結節性多発性動脈炎では、動脈壁が損傷を受け、強皮症ではコラーゲン繊維の厚い層が堆積します。両方の病気は、内臓の機能を損なう結果を見ます。

若干の膠原病には満足な治療法がなく、しかし殆どは医学的に処置が可能です。例えば、慢性関節リューマチは一般的にアスピリン、コルチコステロイド、そして免疫抑制剤のような合成物で治療が行われ、それぞれ別途あるいは組み合わせて使用されます。リューマチ熱のようなある膠原病においては、抗生物質で治療が行われ、結節性多発性動脈炎ではコルチコステロイドが顕著に役立ちます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。