プロフィール

ジェナジェナ

Author:ジェナジェナ
中高年を守る100%純粋なコラーゲン。
コラーゲンは、若さと健康を維持するのに必須不可欠ものです。
特にジェナコールと呼ばれるカナダから来た、このコラーゲンをご紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ジェナコール(コラーゲン)の部屋
皮膚や腱、骨、軟骨等の接合組織を構成するコラーゲンがあり、体内で生成されます。しかし、老齢化で生成能力は減退、その損失は増大します。中高年を守る100%純粋のコラーゲンジェナコールをご紹介。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラーゲンと老化 ②
年齢を重ねるとともに、私たちの結合組織や筋肉組織はコラーゲンの欠乏と損傷の増加により破壊されてゆきます。その結果、私たちは身体の骨格が衰弱して行くのを経験します。ステルス爆撃機のように、コラーゲンの欠乏はレーダーを掻い潜って私たちに忍び寄ってきます。
身体の外側では、年齢とともにコラーゲンの皮膚生成は減速し、よりはっきり目立つようになってきます。皮膚は皺が寄り始めます。それは、私たちの配偶者や愛する人々が、かつて賞賛された若々しい輝きを失うことなのです。
健康的な発散の状況は、すぐに消え失せて行きます。
すぐに私たちは、背筋の曲がりや皺の発生、赤い斑点や褐点病が顕著になります。私たちの皮膚はあちこちで乾燥して行きます。

研究者たちはこの問題に気付いていましたが、つい最近まで殆どが非医学的なコラーゲンの摂取が役に立たなかったことを何も出来ませんでした。
身体は単にそれを同化できていなかったのです。
スポンサーサイト
コラーゲンと老化 ①
コラーゲンの体内での生成は老化とともに鈍ります。この鈍る過程は、密かにそしてむしろ潜行的なものです。それは我々の20代半ばから始まり、30代40代で速度が加速され、我々の50代60代では貨物列車の如く軋み合うのです。コラーゲンの不足、不適切なコラーゲンの消費は、老年が作り出す要素です。我々は、僅かな皺が身体の外部に現れた時、初めてその事象に気付くのです。それまでに、コラーゲン生成とコラーゲンの損傷の欠如は、既に我々の体内に影響を及ぼしているのです。
腫れと捻挫が酷くなると、その損傷は我々に注意を促します。
走る、跳ぶのように私たちがいつもすることには、突然より痛みを見るようになります。以前は深刻ではなかった怪我も、我々自身を痛めつけ始めます。
関節炎はさらに問題を含むようになります。我々は老化の苦痛を感じてくるのです。
コラーゲンは、なぜ若さと健康に必要なのか?
コラーゲンは、なぜ若さと健康に必要なのか?
コラーゲンは、自然に身体と食物から摂取されたカルシウムによって生成されます。結合と連携により身体の機能を維持するのに不可欠なものです。
コラーゲンの身体での消費は水増しできません。
それは、身体の関節、筋肉、髪の毛、皮膚、腱及び靭帯などを構成しているのです。それは私たちの身体の骨組みを支え、腱を強くする分子のケーブルを形成するのです。コラーゲンは、私たちの皮膚と臓器を支える多くの弾力に富むシートを作るのです。骨と歯はミネラルの結晶を身体のコラーゲンに加える時に作られます。

コラーゲン繊維は、新しい細胞の成長と再生のネットワークから織物の一片ように共に織られます。身体が新しい細胞を作る必要がある時は、回復または成長の段階においては、コラーゲンは中心的な役割を果たします。
コラーゲンは、身体の柔軟な組織を保護し支える物質です。
また、それは私たちの骨格を結合するものです。言い換えれば、コラーゲンは
私たち身体を一体で維持するための材料と接着剤の両方にあたります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。