プロフィール

ジェナジェナ

Author:ジェナジェナ
中高年を守る100%純粋なコラーゲン。
コラーゲンは、若さと健康を維持するのに必須不可欠ものです。
特にジェナコールと呼ばれるカナダから来た、このコラーゲンをご紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ジェナコール(コラーゲン)の部屋
皮膚や腱、骨、軟骨等の接合組織を構成するコラーゲンがあり、体内で生成されます。しかし、老齢化で生成能力は減退、その損失は増大します。中高年を守る100%純粋のコラーゲンジェナコールをご紹介。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膠原病 ③
人体の膠原病は2つの主要なグループに分けられます:

●これらが遺伝的に決定付けられたのか、それとも構造的または生化学的欠陥が原因によるもの。

●これらが免疫学的でかつ炎症性の反応が組織内で起こってもたらせられたもの。

最初のグループは、コラーゲンの形成に影響を及ぼす構造的欠陥により特徴付けられた障害です。後天性膠原病は、第2のグループで、最初のタイプと同様に老化に伴い顕著に表れるものです。
後天性膠原病の例としては、慢性関節リューマチや皮膚筋炎が含まれます。

リューマチは慢性関節リューマチとして頻繁に使用される表現ですが、このグループの最も一般的な病気は、このグループの多くの特徴の全てが表現されています。
スポンサーサイト
膠原病 ②
研究は、人々が関節炎に悩まされている時、関節軟骨で起きたコラーゲンの選択的破壊があることを示しています。白血球は間接軟骨を攻撃し、代わって抗体を作り出す免疫システムを活性化するのです。これらの抗体は一変し、コラーゲンを、今敵と認識したものを攻撃するのです。従って、免疫システムの反応は、身体の中で変質している全ての軟骨を攻撃するのです。
手首や膝、両方の手首の傷、膝の傷、背中、腰周り、そして肩に痛みを感じるような問題があるのかもしれません。
結局、結果は同じものになり、老化の苦痛は生活の質の著しい欠如とともに増加してゆきます。

従来の関節炎治療の費用は、1992年の650億ドルから2002年にほぼ4800億ドルへ急上昇しました。費用の大部分は、仕事で損失した時間と障害補償に充てられました。関節炎はそれぞれ毎年2万人を越える死者と200万を越える入院件数からくる費用の要因になっています。
加えて、コルチコステロイド薬剤や免疫抑制剤などを含めた関節炎薬剤の治療での副作用が更なる膨大な費用を発生しました。疑いもなく、膠原病は社会において厳しい不利益を科しています。
膠原病 ①
長く老化に関係する膠原病は、高齢者の一つの病気よりもずっと多いことを示しています。膠原病は免疫システムの異常に関与している全ての病気のグループの特徴を示します。異常と共に、結合組織と血管の炎症がしばしば起こります。この病気のグループは、全てコラーゲン結合組織の一部で、皮膚、粘膜、そして身体の血管のような、支持筋骨格構造と保護被覆を与えています。

最も最近の統計によれば、6000万人のアメリカ人が多くの種類の関節炎の状況に従い、何らかの関節炎に悩まされています。
この数は、次の20年間で7500万人を超えると予想されています。
全ての関節炎患者は、激痛を伴う共通の症状と運動範囲の動作の喪失に悩まされています。そしてこれらの全ては、若さを滅ぼし、生活の質を下げることになります。心疾患(未だこの国の一番の死亡原因)の問題に加えて、老化の衰えさせる影響が増えています。
関節炎
関節炎は関節の炎症を説明する一般用語です。関節炎の最も一般的な形は、変形性関節症で、それはまた変形性関節疾患と呼ばれています。
変形性関節症は、関節の軟骨の破壊が関係していて、腰周り、膝、そして背骨で共通して起こるものです。それは指関節やつま先の関節に大きな影響を及ぼします。変形性関節炎に悩まされている6000万人のアメリカ人には、変形性関節炎の流行があります。変形性関節炎病院の医長、ジョン・クリッペルは、これは、一つの警鐘であると断固主張しています。我々が知っていることより問題が大きいと推測しています。

残念なことに、一般的な処置方法は変形性関節炎の進行を変化させてしまいます。しかしながら、2つの栄養剤、グルコサミンとコンドロイチンは痛みを緩和し軟骨の破壊を遅らせる傾向が見られ、それ自身に変形性関節炎の重要な部分だったのです。
特に興味を引かれるのが、グルコサミンとコンドロイチン(共に硫酸塩)が通常の軟骨の構成要素であることです。ある研究開発者は、2つの物質が新しいコラーゲン生成を刺激しているように見えることをうまく証明しました。
ただこれは生物学的利用可能なコラーゲン補助剤を直接的に摂取するすることになっているのです。
ジェナコールRの摂取を差し控える場合がありますか?
ジェナコールRの摂取を差し控える場合がありますか?

はい、あります。
子供や妊婦及び授乳中の女性はジェナコールRの摂取を控えて下さい。
夕食後3時間は何も食べないことは重要ですか?
食後3時間は何も食べないことは重要ですか?

はい、重要です。それは、お菓子や果物片が最大効果に制限をかけ、ジェナコールRの吸収能力を妨げるからです。
個々人は健康に食べるべきですが、日々のバランスの取れたダイエットや夕食は、最低就寝前の3時間に摂取して下さい。
ジェナコールRの主成分、生体活性コラーゲン複合体はどのように作用するのですか?
ジェナコールRの主成分、生体活性コラーゲン複合体はどのように作用するのですか?

それは回復と修復の自然なメカニズムで身体機能を向上します。
それは消化され易く、または蛋白質が小さなペプチドとして小腸の中で容易に浸透するように微紛化された形になっているからです。
言い換えれば、それは限定された高品質の自然補助食品で、あなたの身体の年齢と共に劣化する領域を復元するのを可能にしています。
ジェナコールRは安全で、容易に摂取し易い製品に、研究所において合成されています。
コラーゲン、皺と皮膚線条
皮膚における身体のコラーゲン生成は、25歳辺りで低下し始めます。
しかし、それは40代と50代でさらに速さが加速されます。
多くの研究は私たちの皮膚の自然なコラーゲンの生成が、40歳以降に年率1%の割合で減少してゆくことを証明しています。そこで、人が55歳に達するまでに、コラーゲン生成能力が更に15%失われます。
70歳までに、その損失は30%以上に上ると考えられています。
生体活性コーラーゲン複合体とは何でしょうか?
生体活性コーラーゲン複合体とは何でしょうか?

生体活性コーラーゲン複合体は、あなたの身体に構造的支援を提供する自然なままの蛋白質です。
乾燥状態で人間の重量の25%がコーラーゲンです。我々の身体の繊維、伸縮そして結合組織は、共に我々の身体を維持しているのです。
皮膚の75%はコラーゲンで作られ、皮膚のきめ、弾力そして形を与えてくれるのです。
そして、合計で私たち身体の30%がコラーゲンで出来ています。
どのように関節炎の痛みに作用するのでしょうか?
コラーゲンはどのように関節炎の痛みに作用するのでしょうか?
変形性関節炎を効果的に治療するには、軟骨と関節滑液が更なる破壊から保護されなければなりません。同時に、関節軟骨と関節滑液の同化修復を刺激することが望ましい。

コラーゲン蛋白質は、次のことにより関節軟骨を保護し修復します。
●同化軟骨細胞の合成を支援して強化する。
●関節を円滑にするのに必要とされる滑液の合成を支援して強化します。
●軟骨を退化させる自動免疫性処理と遊離基酵素を抑制します。
●関節に至る血管中の閉塞物質を除去します。

コラーゲン蛋白質は、軟骨と健康的な関節機能を再生するために、身体が自然に若返るように促進します。
老化と外傷は、自身の軟骨保護物質を使用することにより身体の能力を崩壊し、そしてそれは世界中に流行性関節炎をまたらしました。
軟骨
軟骨は典型的な関節の骨の終端を保護する幾分固めのゴム材にあたります。軟骨の主要な機能は、関節の摩擦を軽減し、そして骨の衝撃吸収材としての役割を担います。

軟骨は70%以上が水分で構成されているので形状を変えることが出来、そして圧縮と運動で再分配することが出来ます。軟骨は神経が通っていないので、これらの変化が生じた時、あなた方は決して痛みを感じないのです。
我々が年を取って膠原病が襲う時、この衝撃吸収力は減少しているのです。
そう言うことで、走ったり飛び跳ねたりする動きは、我々が若かった時より年を取り快適さを感じなくなるのです。

コラーゲンは軟骨の重要な構成要素で、それはその強さを与えてくれます。
身体のコラーゲン生成が減少した時、軟骨の形成と、そして軟骨を含む身体のシステム全体が影響を受けるのです。
コラーゲンと老化 ②
年齢を重ねるとともに、私たちの結合組織や筋肉組織はコラーゲンの欠乏と損傷の増加により破壊されてゆきます。その結果、私たちは身体の骨格が衰弱して行くのを経験します。ステルス爆撃機のように、コラーゲンの欠乏はレーダーを掻い潜って私たちに忍び寄ってきます。
身体の外側では、年齢とともにコラーゲンの皮膚生成は減速し、よりはっきり目立つようになってきます。皮膚は皺が寄り始めます。それは、私たちの配偶者や愛する人々が、かつて賞賛された若々しい輝きを失うことなのです。
健康的な発散の状況は、すぐに消え失せて行きます。
すぐに私たちは、背筋の曲がりや皺の発生、赤い斑点や褐点病が顕著になります。私たちの皮膚はあちこちで乾燥して行きます。

研究者たちはこの問題に気付いていましたが、つい最近まで殆どが非医学的なコラーゲンの摂取が役に立たなかったことを何も出来ませんでした。
身体は単にそれを同化できていなかったのです。
変形性関節炎患者の手の痛み
膠原病の患者の血漿は、自動抗体(これらは体内の蛋白質または細胞を攻撃する抗体をいいます)の著しいレベルが示されます。この抗原抗体反応は、多くの身体の生き生きとした組織を炎症に至らしめます。
最も一般的な膠原病は、慢性関節リューマチ、リューマチ熱、紅斑性狼瘡、皮膚筋炎、結節性多発性動脈炎、強皮症などを含みます。

大部分の膠原病、慢性関節リューマチとリューマチ熱は、広範囲の関節痛で特徴付けられます。リューマチ熱は、結果として恒久的な心臓へのダメージを与え、大人より子供により顕著な状態が見られます。
紅斑性狼瘡は、皮膚と体腔に沿って並ぶ膜などです。
皮膚筋炎は、一般的に筋肉痛に伴う発疹のように見えます。
結節性多発性動脈炎では、動脈壁が損傷を受け、強皮症ではコラーゲン繊維の厚い層が堆積します。両方の病気は、内臓の機能を損なう結果を見ます。

若干の膠原病には満足な治療法がなく、しかし殆どは医学的に処置が可能です。例えば、慢性関節リューマチは一般的にアスピリン、コルチコステロイド、そして免疫抑制剤のような合成物で治療が行われ、それぞれ別途あるいは組み合わせて使用されます。リューマチ熱のようなある膠原病においては、抗生物質で治療が行われ、結節性多発性動脈炎ではコルチコステロイドが顕著に役立ちます。
コラーゲンと老化 ①
コラーゲンの体内での生成は老化とともに鈍ります。この鈍る過程は、密かにそしてむしろ潜行的なものです。それは我々の20代半ばから始まり、30代40代で速度が加速され、我々の50代60代では貨物列車の如く軋み合うのです。コラーゲンの不足、不適切なコラーゲンの消費は、老年が作り出す要素です。我々は、僅かな皺が身体の外部に現れた時、初めてその事象に気付くのです。それまでに、コラーゲン生成とコラーゲンの損傷の欠如は、既に我々の体内に影響を及ぼしているのです。
腫れと捻挫が酷くなると、その損傷は我々に注意を促します。
走る、跳ぶのように私たちがいつもすることには、突然より痛みを見るようになります。以前は深刻ではなかった怪我も、我々自身を痛めつけ始めます。
関節炎はさらに問題を含むようになります。我々は老化の苦痛を感じてくるのです。
コラーゲンは、なぜ若さと健康に必要なのか?
コラーゲンは、なぜ若さと健康に必要なのか?
コラーゲンは、自然に身体と食物から摂取されたカルシウムによって生成されます。結合と連携により身体の機能を維持するのに不可欠なものです。
コラーゲンの身体での消費は水増しできません。
それは、身体の関節、筋肉、髪の毛、皮膚、腱及び靭帯などを構成しているのです。それは私たちの身体の骨組みを支え、腱を強くする分子のケーブルを形成するのです。コラーゲンは、私たちの皮膚と臓器を支える多くの弾力に富むシートを作るのです。骨と歯はミネラルの結晶を身体のコラーゲンに加える時に作られます。

コラーゲン繊維は、新しい細胞の成長と再生のネットワークから織物の一片ように共に織られます。身体が新しい細胞を作る必要がある時は、回復または成長の段階においては、コラーゲンは中心的な役割を果たします。
コラーゲンは、身体の柔軟な組織を保護し支える物質です。
また、それは私たちの骨格を結合するものです。言い換えれば、コラーゲンは
私たち身体を一体で維持するための材料と接着剤の両方にあたります。

線維筋肉痛とコラーゲン(新しい話題)
線維筋肉痛とコラーゲン(新しい話題)

病気の存在と最終的な診断としての線維筋肉痛の認証は、この病気の根本的な病理生理学に関連する知識の不足と特定な生化学製品メーカーの診断に対する欠如により妨げられていました。

私たちの調査では、線維筋肉痛患者(診断はアメリカのリューマチ病学の大学で行われた)は、少量の筋肉内のコラーゲンが少量でコラーゲン代謝物質(尿と血清)が低いレベルであった。これは、筋肉の微細な傷の閾値と神経細胞周りのコラーゲンの沈殿と細胞外マトリクスの改造に対する貢献を下げ、圧痛点における低い痛みの閾値に貢献することです。
人々の平均的な苦痛に対する苦情レベルは、2~15年の間医学的に診断された線維筋肉痛としてありました。全体的なグループ平均で著しく、そして劇的に一部の人々の間で減少しました。
結論として、線維筋肉痛患者は加水分解されたコラーゲンを摂取することにより慢性症状の改善の兆候を得られるでしょう。


ジェナコールRの服用方法
ジェナコールRの服用についての注意

●就寝前に空腹状態で400mgカプセル3個を服用します。
●少なくとも6~8杯の水を毎日飲んで下さい。

私たちの身体は睡眠に入ってから最初の45~90分でアルファ・スリープモードに入ります。この段階で、身体は修復、再生そして若返りのモードになっています。老化とともに私たちのこのプロセスの速度は落ちてゆきます。
私たちの身体は、若かった頃に輝く皮膚や強く逞しい身体を維持するために必要なコラーゲンやアミノ酸を生成する機能は失われているのです。

この特別なコラーゲン・サプリメントは、睡眠している間に摂取できる吸収可能なコラーゲン蛋白質の源です。
純粋なコラーゲンは体系化されていますので、コラーゲンの模倣品には惑わされないで下さい。
この特別な体系化は、蛋白質の生化学利用を可能にし、容易に筋肉組織を増強する身体の支援が可能になりました。それは、自然に脂肪を役立たせることになります。
ジェナコールR ②
ジェナコールR(生物活性コラーゲン)は、あなたを支えます。

●劇的に皮膚組織を改善修復します。
●傷や捻挫、関節の痛みを軽減します。
●関節の腫れや痛みを軽減します。
●腱、軟骨または関節の痛みを癒します。
●練習で使われた筋肉の強さを増強します。
●持久力と活力を改善します。
●皮膚の弾力を改善し、皺を軽減します。
●全体的な老化を劇的に遅くします。
●安眠からよい効果が得られます。
●関節炎、リュウマチ痛を和らげます。
ジェナコールの歴史
ダイレクト・ラボ社の社長M・ガイ・ミショーは、ジェナコールRの導入を大変誇りに思っています。市場に提供しているコラーゲンの最高の生体活性複合体ジェナコールRは、高品質のコラーゲン複合体で、最も高い製造基準の下で製造され、防腐剤等は含んでいないからです。
90年代半ば、M・ガイ・ミショー(カナダのビジネスマン)は、栄養補助食品としてコラーゲンの効力に気付きました。その後、彼は産業界で評価されたコラーゲン製法を策定しました。製品は多くの方法で成功裏に分配されました。その構想は世界的に認識され、売る最善の方法の一つとなりました。
専門的な化学式は、身体が早くて強力な修復と皮膚・関節の若返り求める、決定的な構造的蛋白質なのです。
2000年10月にM・ガイ・ミショーはダイレクト・ラボ社を立ち上げ、ジェナコールRを生産することになりました。
ダイレクト・ラボ社は、洗練された精製研究施設です。
コラーゲン『ジェナコール』プレゼントキャンペーン
コラーゲン『ジェナコール』の輸入販売元ロジスポートインクとの共同企画でコラーゲン『ジェナコール』プレゼントキャンペーンを実施しています。
コラーゲン『ジェナコール』 (カナダ ダイレクトラボ社製造)を8週連続で、毎週5名様にプレゼント。
美容・健康維持・老化防止に役立つコラーゲン『ジェナコール』の宣伝キャンペーンです。
【当選者発表】毎週当ホームページ上にて発表し、コラーゲン『ジェナコール』を発送致します。 また、このキャンペーンに応募頂いた方限定のサービス企画もご用意しています。
【キャンペーン名称】
ブレインネット・ロジスポートインク共同企画
期間限定特別企画『ジェナコール』プレゼントキャンペーン
【キャンペーンの紹介】
美容・健康維持・老化防止に役立つコラーゲン『ジェナコール』
の宣伝キャンペーンです。
【当選者発表】毎週当ホームページ上にて発表し、コラーゲン
『ジェナコール』を発送致します。
また、このキャンペーンに応募頂いた方限定のサービス企画も
ご用意しております。
【プレゼントの内容】
コラーゲン『ジェナコール』を毎週5名様にプレゼント。
8週連続で合計40名様にプレゼント。
【キャンペーン期間】
9月4日から10月30日まで。
週ごとに締切り、応募者の中から抽選で5名様(毎週)にプレゼント。
【キャンペーン実施サイト】
BNウェブショップ:http://brainnet.web.infoseek.co.jp/webshop/
【プレゼント応募ページ】
http://brainnet.web.infoseek.co.jp/webshop/genacol/campaign_genacol.html

皆様のご参加をお待ちしています。



[READ MORE...]
“Facial Masque System”はどのように作用しますか?
“Facial Masque System”はどのように作用しますか?

高吸収性の加水分解された生体活性コラーゲン複合体(強化されたアミノ酸)は、皮膚浸透を強化した微紛化した分子です。
皮膚の3層に吸収されるだけでなく、死んだ皮膚細胞を剥離し除去するのを効果的に促進します。
さらに、“ジェナコールR Rx Formula Facial Masque System”は、多くの老化防止の特性を有しています。それは、皮膚の老化を抑制し、老化した皮膚をより若々しい外見に戻してくれます。
身体はどのように回復するのでしょうか?③
身体は毎日自身のコラーゲンを生産し、生産は老化とともに減少するので、補充可能なコラーゲンは急速に十分な状態から不足の状態になってしまうのです。
様々な身体の部位の悪化は、徐々に先例に従うのです。初めに見えるサインの一つは、皮膚に皺がよることと意味のわからない関節痛の始まりです。
私が言う老化は見えるサインであることを注目して下さい。
皺と関節痛は、身体の外部に何かが起きていることを表現しているのです。
ある事は体内で何かが継続しているのを推測できるのです。

一旦始まると、関節炎、線維症そして他の関節炎症候群の変性状態は厳しいものになります。痛みを軽減するために、変性過程を少しでもストップさせます。悪化させないために。身体は自身癒す機能を持っているのですが、しかし、作用するために正しい素材を与えなければなりません。回復は内部から外へ始まります。従って、若者よ、ただ一つのこと、それが起きる前に変性の根源を取り除くように作用させることです。
ジェナコールR ①
ジェナコールR、それはまず第一にコラーゲン・マトリクスであり、製品としては最高のものです。それは14のコラーゲンのうちの1つではなく、全てのコラーゲンの生成を刺激します。
ジェナコールRは、AminoLockと呼ばれる純粋なコラーゲンから難しい製法プロセスにより生産されます。
これは、ダイレクトラボ社の研究所と製造に関して高い標準にあるカナダとの協力の結果得られたものです。
【防腐剤などの充填はありません】
ダイレクトラボ社は400mgのカプセルで高品質のコラーゲンを提供します。
【高濃度のアミノ酸化】
他のコラーゲン製品は、ジェナコールRのような高濃度アミノ酸化を得られません。ジェナコールRは、高品質のコラーゲン複合体で、高いバイオテクノロジー技術の下で製造されています。
【専門的な化学式】
専門的な化学式は、身体が早くて強力な修復と皮膚・関節の若返り求める、決定的な構造的蛋白質です。
【顕著な結果】
ジェナコールRは、痛みにおいて顕著な効果があり、殆どの人が21日以内にその改善を経験しています。私たちは、ジェナコールRを最低でも3~6ヶ月使用することを薦めています。
身体はどのように回復するのでしょうか?②
コラーゲンの合成は、若さに興味を持って見て感じたいと思う事柄です。
従って、補助食品は修復を強化できるもので、回復過程は我々が深く考察すべきものなのです。

健康補助食品の生産者は、コラーゲン補充が必要性を認識しています。しかし、非医学的コラーゲンは生化学利用が出来ません(身体に使用できないことを意味する装飾的用語)。
これらから抜け出すために、倫理的ではない生産者は、非吸収性またはコラーゲンに対し何もしない明らかなホルモン前駆物質である、コラーゲンの補充を促進するのに計画を偽ることに関わったのです。


コラーゲンとは何でしょうか?
コラーゲンは、皮膚、腱、骨、軟骨など全ての結合組織の白筋繊維(膠原繊維)を作る繊維構造の蛋白質です。目のガラス体のような、体に硬さを与えるゲルの中に分散して見つかります。言い換えれば、コラーゲンは身体の支持構造部分を構成し、結合組織の主要な物質で天然の蛋白質です。
そして私たちの身体を共に支える繊維質の結合組織です。
コラーゲンは、全ての多細胞生物において存在しています。

コラーゲンは異なるそれぞれの器官や組織に強さと弾性とという特性を与えます。乾燥した状態で人体重量の25%はコラーゲンです。私たちの皮膚の75%はコラーゲンで作られています。私たちの身体の30%はコラーゲンです。

コラーゲンは、腱、靭帯、関節、筋肉、髪の毛、皮膚及び主な器官の自然な構成の一部になります。体内のコラーゲンの本質的な供給が減少すると、身体に影響が現れます。虚弱体質、疲労、痛み、骨折などがその影響の兆候です。
その兆候は私たちが年齢を減るごとに増えてきます。
[READ MORE...]
身体はどのように回復するのでしょうか?①
若い人は、豊富な成長ホルモンを作り出す下垂体を持っています。老化に伴って、このホルモンは着実に減少し、注目点がコラーゲンに移って行きます。体内のコラーゲンの機能は、天然蛋白質分子を身体に必要な必須アミノ酸に変えることです。こにように、コラーゲンは身体の重要なメンテナンス機能を果たしています。

身体が効率よく回復そして修復できるどうかは、ある体の資源を他のものに変えるその能力に依存しています。この蛋白質合成の過程は、触媒としてのコラーゲンを必要とする代謝プロセスです。体内でコラーゲンが減少すると、資源と触媒の両方も減ってしまいます。

研究では、我々が眠っている時、多くの不可欠な代謝性修復が行われていることを示しています。我々が寝入った後、身体はまもなくそのギアを切り替えることは長く知られていました。それは通常の状態、積極的関与の状態から回復修復の状態に移って行くのです。この睡眠の間に身体は、身体が必要とする重要な素材に変換して利用できるコラーゲンと他の重要な栄養素について調査するのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。