プロフィール

ジェナジェナ

Author:ジェナジェナ
中高年を守る100%純粋なコラーゲン。
コラーゲンは、若さと健康を維持するのに必須不可欠ものです。
特にジェナコールと呼ばれるカナダから来た、このコラーゲンをご紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ジェナコール(コラーゲン)の部屋
皮膚や腱、骨、軟骨等の接合組織を構成するコラーゲンがあり、体内で生成されます。しかし、老齢化で生成能力は減退、その損失は増大します。中高年を守る100%純粋のコラーゲンジェナコールをご紹介。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コラーゲンとは何でしょうか?
コラーゲンは、皮膚、腱、骨、軟骨など全ての結合組織の白筋繊維(膠原繊維)を作る繊維構造の蛋白質です。目のガラス体のような、体に硬さを与えるゲルの中に分散して見つかります。言い換えれば、コラーゲンは身体の支持構造部分を構成し、結合組織の主要な物質で天然の蛋白質です。
そして私たちの身体を共に支える繊維質の結合組織です。
コラーゲンは、全ての多細胞生物において存在しています。

コラーゲンは異なるそれぞれの器官や組織に強さと弾性とという特性を与えます。乾燥した状態で人体重量の25%はコラーゲンです。私たちの皮膚の75%はコラーゲンで作られています。私たちの身体の30%はコラーゲンです。

コラーゲンは、腱、靭帯、関節、筋肉、髪の毛、皮膚及び主な器官の自然な構成の一部になります。体内のコラーゲンの本質的な供給が減少すると、身体に影響が現れます。虚弱体質、疲労、痛み、骨折などがその影響の兆候です。
その兆候は私たちが年齢を減るごとに増えてきます。
多くの構造上の特性に加え、コラーゲンは身体全ての組織の成長、修復に用いられます。老化による様々な疾病が、身体にとって重要なこの蛋白質の供給とコラーゲン自体の障害に関係があります。
私たちの体内のコラーゲン生成の勢いがなくなった時、そうその時です。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://genacol.blog25.fc2.com/tb.php/1-20086145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。