プロフィール

ジェナジェナ

Author:ジェナジェナ
中高年を守る100%純粋なコラーゲン。
コラーゲンは、若さと健康を維持するのに必須不可欠ものです。
特にジェナコールと呼ばれるカナダから来た、このコラーゲンをご紹介します。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ジェナコール(コラーゲン)の部屋
皮膚や腱、骨、軟骨等の接合組織を構成するコラーゲンがあり、体内で生成されます。しかし、老齢化で生成能力は減退、その損失は増大します。中高年を守る100%純粋のコラーゲンジェナコールをご紹介。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線維筋肉痛とコラーゲン(新しい話題)
線維筋肉痛とコラーゲン(新しい話題)

病気の存在と最終的な診断としての線維筋肉痛の認証は、この病気の根本的な病理生理学に関連する知識の不足と特定な生化学製品メーカーの診断に対する欠如により妨げられていました。

私たちの調査では、線維筋肉痛患者(診断はアメリカのリューマチ病学の大学で行われた)は、少量の筋肉内のコラーゲンが少量でコラーゲン代謝物質(尿と血清)が低いレベルであった。これは、筋肉の微細な傷の閾値と神経細胞周りのコラーゲンの沈殿と細胞外マトリクスの改造に対する貢献を下げ、圧痛点における低い痛みの閾値に貢献することです。
人々の平均的な苦痛に対する苦情レベルは、2~15年の間医学的に診断された線維筋肉痛としてありました。全体的なグループ平均で著しく、そして劇的に一部の人々の間で減少しました。
結論として、線維筋肉痛患者は加水分解されたコラーゲンを摂取することにより慢性症状の改善の兆候を得られるでしょう。


身体はどのように回復するのでしょうか?③
身体は毎日自身のコラーゲンを生産し、生産は老化とともに減少するので、補充可能なコラーゲンは急速に十分な状態から不足の状態になってしまうのです。
様々な身体の部位の悪化は、徐々に先例に従うのです。初めに見えるサインの一つは、皮膚に皺がよることと意味のわからない関節痛の始まりです。
私が言う老化は見えるサインであることを注目して下さい。
皺と関節痛は、身体の外部に何かが起きていることを表現しているのです。
ある事は体内で何かが継続しているのを推測できるのです。

一旦始まると、関節炎、線維症そして他の関節炎症候群の変性状態は厳しいものになります。痛みを軽減するために、変性過程を少しでもストップさせます。悪化させないために。身体は自身癒す機能を持っているのですが、しかし、作用するために正しい素材を与えなければなりません。回復は内部から外へ始まります。従って、若者よ、ただ一つのこと、それが起きる前に変性の根源を取り除くように作用させることです。
身体はどのように回復するのでしょうか?②
コラーゲンの合成は、若さに興味を持って見て感じたいと思う事柄です。
従って、補助食品は修復を強化できるもので、回復過程は我々が深く考察すべきものなのです。

健康補助食品の生産者は、コラーゲン補充が必要性を認識しています。しかし、非医学的コラーゲンは生化学利用が出来ません(身体に使用できないことを意味する装飾的用語)。
これらから抜け出すために、倫理的ではない生産者は、非吸収性またはコラーゲンに対し何もしない明らかなホルモン前駆物質である、コラーゲンの補充を促進するのに計画を偽ることに関わったのです。


コラーゲンとは何でしょうか?
コラーゲンは、皮膚、腱、骨、軟骨など全ての結合組織の白筋繊維(膠原繊維)を作る繊維構造の蛋白質です。目のガラス体のような、体に硬さを与えるゲルの中に分散して見つかります。言い換えれば、コラーゲンは身体の支持構造部分を構成し、結合組織の主要な物質で天然の蛋白質です。
そして私たちの身体を共に支える繊維質の結合組織です。
コラーゲンは、全ての多細胞生物において存在しています。

コラーゲンは異なるそれぞれの器官や組織に強さと弾性とという特性を与えます。乾燥した状態で人体重量の25%はコラーゲンです。私たちの皮膚の75%はコラーゲンで作られています。私たちの身体の30%はコラーゲンです。

コラーゲンは、腱、靭帯、関節、筋肉、髪の毛、皮膚及び主な器官の自然な構成の一部になります。体内のコラーゲンの本質的な供給が減少すると、身体に影響が現れます。虚弱体質、疲労、痛み、骨折などがその影響の兆候です。
その兆候は私たちが年齢を減るごとに増えてきます。
[READ MORE...]
身体はどのように回復するのでしょうか?①
若い人は、豊富な成長ホルモンを作り出す下垂体を持っています。老化に伴って、このホルモンは着実に減少し、注目点がコラーゲンに移って行きます。体内のコラーゲンの機能は、天然蛋白質分子を身体に必要な必須アミノ酸に変えることです。こにように、コラーゲンは身体の重要なメンテナンス機能を果たしています。

身体が効率よく回復そして修復できるどうかは、ある体の資源を他のものに変えるその能力に依存しています。この蛋白質合成の過程は、触媒としてのコラーゲンを必要とする代謝プロセスです。体内でコラーゲンが減少すると、資源と触媒の両方も減ってしまいます。

研究では、我々が眠っている時、多くの不可欠な代謝性修復が行われていることを示しています。我々が寝入った後、身体はまもなくそのギアを切り替えることは長く知られていました。それは通常の状態、積極的関与の状態から回復修復の状態に移って行くのです。この睡眠の間に身体は、身体が必要とする重要な素材に変換して利用できるコラーゲンと他の重要な栄養素について調査するのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。